壁面緑化は涼≠セけを提供してくれるわけではありません。
2階建程度でしたら地盤面からのツタの誘引で壁面を覆えますが、3階建以上になると中間に植栽を植え、誘引と下垂させて早期の緑化を目指します。
土壌の重量による建物への負担軽減、土壌の乾燥や乾燥時の飛散、灌水方法等を考慮しなければなりません。


木造家屋(ワイヤーを@25cmで縦張り)      植栽5年後                 3階建立体駐車場(大型樋に軽量土壌)